新宮信用金庫様主催 3社合同研修会を行いました。

2017年5月26日

平成29年5月22日(月)、新宮信用金庫様、新宮市役所様、美熊野福祉会の3社合同新人職員研修会が行われました。

この研修は、各団体の職員が、地域を支える人材として互いに励まし合い、刺激し合い、地域を活性化することを目的に開催されました。

当法人理事長の挨拶のあと、各団体新入職員の皆様より自己紹介が行われました。フレッシュな新宮信用金庫の皆様のご挨拶や、丁寧な言葉づかいに、当法人職員も見習わなくてはならない点が多くありました。私たち美熊野福祉会からは、職員を代表して杉の郷の平 桃果さんが挨拶を行い、当法人の理念である「4つの目標・5つの約束」を力強く紹介しました。

その後、新宮信用金庫 緑ヶ丘支店 佐武紀明支店長様より「脳と心のコントロール」と題し、講演がありました。
脳は過去のできごとに支配されていて、その中の「負」の記憶により感情や考え方が決まるが、それを上回る「プラスのイメージ」を自分自身が作っていくことで、脳の中の感情のスイッチを良い方に切り替えることができる、というお話でした。      

プラス思考でいることが、仕事に対する意欲を高め、日々の生活を明るく幸せに送れるというアドバイスがとても胸に響きました。

この研修会で他団体の皆様との交流を通し、これからも地域の“仲間”として互いに協力し合い、地域社会に対する責任と自覚をもって、一生懸命仕事に取り組んでいきたいと思いました。

このページの上へ