法人設立30周年記念式典・イベントを開催しました。

2017年12月26日

平成29年12月2日、那智勝浦町体育文化会館にて、法人設立30周年記念イベントを開催しました。当法人は昭和62年11月10日に設立し、今年で30周年を迎えました。

これもひとえに、地域の皆様方や利用者の皆様、そしてご家族の皆様のおかげと、心より感謝の気持ちでいっぱいです。

午前の記念式典では、ご来賓の方々をはじめ、行政・福祉関係者の皆様や法人理事、利用者の皆様など、110名の方にご参加頂きました。

 

当法人理事長の挨拶から始まり、ご来賓の方々よりお祝いの言葉を頂き、日頃お世話になっている団体の皆様へ、感謝状の贈呈を行いました。

また「美熊野福祉会の歴史とこれから」と題し、会場の皆様に法人の沿革や来年度に設立予定の新規事業所『ワークランド そら』をご紹介するムービーをご覧頂きました。

 

また、利用者を代表し、杉の郷に入所されている溝本和彦さんより参加者の皆様へ感謝の気持ちを込めて挨拶を行いました。

最後に手話をつかった歌唱を会場の皆様と一緒に行いました。

 午後からのイベントでは、地域の作業所の方々による模擬店や、メインアリーナにて音楽イベントを行いました。施設利用者の皆様のほか、150名あまりの来場がありました。

模擬店では、羊羹やケーキ・パン、焼きそばやイカ焼き、から揚げ・コロッケなどが販売されました。

 

音楽イベントでは、那智勝浦吹奏楽団様、和太鼓サークル はやぶさ様、アフリカンダンス・マリアマ様、スクラム様(ダンス)、ハリケーン様(バンド)、新宮・東牟婁 手をつなぐ育成会様(踊り等)、ヤブシン様にご出演頂きました。

利用者様をはじめ、会場の皆様と一緒に大変盛り上がりをみせていました。

 

美熊野福祉会は、今後も地域に根ざし、利用者の皆様の生活の向上、また皆様から信頼される法人を目指し、地域に貢献できるよう努めてまいる所存でございます。今後とも、皆様のご理解とご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

このページの上へ