施設紹介

はじめに

昭和63年9月、和歌山県で初めて盲・ろう重複の知的障害者を受け入れる施設として熊野川町に「杉の郷」が開園。「杉の郷」での日々の生活の中で、中・高年齢者の日課や食事・健康面で、特別な配慮が必要であると考え、平成3年度より、中・高年齢知的障害者の施設建設を計画。
平成8年9月、国、県の補助金をいただき、新宮市高田地区に県下初の知的障害のある中・高齢の方々のための施設「杉の郷えぼし寮」が開園しました。

開園までのあゆみ

昭和59年4月 障害者の家族、関係者、ボランティアなどにより、施設づくりの準備を始める
昭和60年10月 設立準備会発足
昭和61年12月 国庫補助内定 建設地を熊野川町内の公有地に決定
昭和62年2月 美熊野福祉会後援会発足
昭和62年11月 社会福祉法人美熊野福祉会 設立認可
昭和63年9月 知的障害者更生施設「杉の郷」(定員60名)開園
杉の郷家族会発足
平成3年4月 高齢者棟の建設を計画
平成6年3月 「杉の郷」作業室及び療育室棟増築
平成7年5月 高齢者施設を平成7年~8年度に建設することで国庫補助内定
平成8年8月 「杉の郷えぼし寮」竣工
平成8年9月 「杉の郷えぼし寮」(定員50名)開園
外観

外観

食堂

食堂

2階女子食事場所

2階女子食事場所

喫茶室

喫茶室

2階ホール

2階ホール

居室

居室

浴槽

浴槽

特殊浴槽

特殊浴槽

さをり織り

さをり織り

Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image...

このページの上へ